カマグラ

カマグラはファイザー製薬のバイアグラのジェネリックで、勃起不全症、勃起障害を改善するED治療薬です。

カマグラは日本では承認されていない薬なので、病院の処方で購入することはできません。カマグラを買うには個人輸入で注文する必要があります。

他の治療薬に比べて、値段が安いというメリットがあります。しかも、トローチタイプのカマグラチュワブルや、ゼリー状のカマグラオーラルジェリー、早漏防止成分入りのスーパーカマグラと、製品のラインナップも豊富です。

ほとんどの個人輸入代行店で取り扱っている商品であり、常に在庫がある人気商品ですので、パソコンやスマホから簡単に通販で注文することができて便利です。

カマグラとバイアグラの比較

バイアグラはファイザー製薬が開発したED治療薬で、その名前は誰でも知っている有名な商品です。一方、カマグラは知る人ぞ知る製品であり一般的に有名なものではありません。

しかし、個人輸入するバイアグラのジェネリックとしては有名なカマグラですので、多くのリピーターが存在しています。

今までに勃起薬を探したり、購入した経験のある人にとっては、カマグラもバイアグラと同じくらい知れ渡っていることがご理解いただけると思います。

カマグラとバイアグラの効果の比較

カマグラはバイアグラと同じ成分(クエン酸シルデナフィル)を含有するジェネリック医薬品です。

主成分が同じなので、カマグラとバイアグラは効果も、ほぼ同じ(同等)です。

ここで、同等という言葉を使うのには訳があります。

カマグラとバイアグラは成分は同じですが、製法が異なっています。よって、溶けやすさに違いがあれば、即効性にも多少の差があるという事です。

しかし、この差は微々たるもので、明確に違いを感じる方は居ないでしょう。

カマグラとバイアグラの飲み方の比較

カマグラゴールドは1錠100mg、処方されるバイアグラは1錠が25mg又は50mgなので、適量を作り出すまでの手間が違います。

カマグラゴールドにも50mgタイプはありますが、コストパフォーマンスが悪いので100mgタイプが主流です。

カマグラはカッター等で1/4(25mg)や1/2(50mg)にカットする他は、バイアグラと同じ飲み方でOKです。

カマグラにはトローチタイプのカマグラチュワブルタブレットやカマグラゼリーなどがあります。これはバイアグラには無い製品タイプで、水無しで飲める特徴があり便利です。

カマグラとバイアグラの値段の比較

値段は1/5〜1/10くらいカマグラの方が安いです。

ファイザー純正バイアグラには、大手製薬会社と言う安心感があります。

一方、カマグラはインドという発展途上国で生産されているという不安もある事でしょう。

しかし、実際にはインドでも政府が認可している製薬会社の製品がカマグラであり、ED治療薬以外にも鎮痛剤や抗生剤などのジェネリックを生産し、世界中に輸出しているメーカー製ですので、品質には全く心配がありません。

1990年代の注文履歴では、カマグラとバイアグラの比率は7対3くらいでしたが、2015年の今では99対1くらいにまで、バイアグラの注文は減少しています。逆に言うとバイアグラユーザーが安いカマグラへシフトしているようです。

カマグラとバイアグラの処方の比較

バイアグラ(25mg/50mg)は日本でも厚生労働省に認可されている医薬品のため、医師の処方箋が発行可能です。

一方、カマグラやバイアグラの100mgは日本では未承認の医薬品のため、医師や薬剤師であっても取扱いができません。 (正式には薬艦証明書があれば医師が処方する事は可能ですが、バイアグラ50mgが承認されているのに、未承認の100mgに薬艦証明を取得するメリットが無いので実質取り扱わないのです)

カマグラは安いジェネリックですが、まだ日本では入手できませんので、個人輸入に頼るしかありません。

処方と個人輸入の比較

病院での処方には初診料や診察料、高い薬代以外にも、「恥ずかしい」という精神的なダメージもあります。しかし、処方されれば、その日にバイアグラを手に入れることができます。

一方、カマグラの個人輸入は誰にも知られずに購入できるるメリットがあります。しかし、配達まで1週間くらいかかるのですぐには入手できません。

入手までの時間差と、価格を天秤にかけ、どちらを選ぶかは、あなた次第です。

カマグラシリーズ

SIDE MENU

お届け予定について

多くの代行店がご注文確定後、1週間〜14日後でお届けできるようです。配達期間は税関・郵便事情に左右されるため、配達期間を保証するものではありませんが目安になるでしょう。

お支払いについて

「銀行振込」または「クレジットカード」などの前払いを基本とする代行店が多いです。